YASUKUNI

YASUKUNI、という靖国神社問題を主題としたドキュメンタリー映画を観ました。マンハッタンの小さな劇場でアメリカ人と一緒に観た映画は、在日歴が19年という中国人監督によって作られたもの。日本ではもう数年前に公開されたそうですね。

戦争を経験していない私にとって、靖国問題というものは何となくとしか把握していなかったのが、この映画によって多少理解が深まりました。

この映画で面白いと思ったのは、靖国神社のご神体=刀、という事実を軸に持ってきていること。

戦争で使う為の「靖国刀」が、神社の境内で何千本と作られたそうです。たくさんいた靖国刀を作る職人さんも、現在残っているのはただ一人。今だ現役だそうです。そして彼が靖国刀を作る様子を映画を通して見る事ができます。その姿は立派でもあり、哀れでもある。正しくお国の為に生涯働いてきた90歳のおじいさん。

特に戦争を知らない世代にとって、こういう映画を観たりして、学校が教えてくれなかった事実を知る事は大事だと思いました。

www.yasukuni-movie.com
[PR]

by daisyduke | 2009-08-16 23:49 | 日記