模様替えとJulie & Julia

この連休中にしたい事の一つは、部屋を綺麗にすること。

それはクローゼットの中や化粧品が詰まった引き出しの中を徹底的に整理することでもあるし、数年前(!)から描きかけの油絵を前進させることでもあるし、インテリアにちょいと手を加えることでもある。

b0046462_2149674.jpg

昨日は写真を飾るフレームを探しに近所の店を回ったんだけど、気に入るものがなかった。。。代わりに椅子を買いました。

リビングルームのコーナーに置く椅子を結構長いこと探してたんだ~。やっと出会えたね♪
たった一つの椅子なのに、部屋の表情が変わるんですよ。面白いですね。

それにしても椅子の下のコードが目障り・・・。こういうのをすっきりさせる方法ってあるんでしょうか。

椅子を買った後は「Julie & Julia」を観に行きました。

あーもうめちゃくちゃ良い映画だった!心がじーんとして、思わず涙ぐんでしまう場面いっぱい。
やっぱり人生には愛と笑いが必要よね。そして情熱も大事。私もJuliaのように、めいいっぱい好きな事して、たくさん努力して、愛する人達と毎日笑って生きていきたいな。

Juliaってずいぶん背が高かったのねー。のっぽさんなところもチャーミングに見せてしまうくらい可愛い女性です、Juliaって。
b0046462_2152346.jpg





この映画のプロデューサー/監督が、うちのサロンへ時々来ます。顔なんて全然知らなかったから、あるスタイリストから「あの人って超有名人なんだよ、知ってる?」と教えられてびっくり。

というのもなんかすごーく冷たい感じがする女性なんだよね。いつも無表情で、髪やってもらってる時もずっと雑誌読んでばかりで殆ど話さない。私が一度マニキュアをやった時も、いかにも大物~みたいな態度がちょっぴり鼻に付いたっけ。

しかしこんな温かい映画を作れる人なんだから、実はすごく優しいに違いないよね。偏見を持ってしまったことに反省。

・・・なんていうのは単純すぎる思考でしょうか。
[PR]

by daisyduke | 2009-08-31 21:52 | インテリア