夫の就職活動状況

先日、ここは!と思う会社の最終面接までこぎつけた夫。レストランの仕事ではなく、今までやってきたようなCorporate Jobです。
ランチ面接から始まり延々4時間という長い長い面接だったそう。計7~8人と話をしたような事を言ってました。

向こうの求めてる人材と夫は9割がたマッチするとの事で、本人も自信満々で出かけたのですが、手応えは半々だったそうな。

そして面接から1週間経ちますが音沙汰なし。アメリカの会社面接では通常、不合格という連絡はきません(もちろん結果を問い合わせることも出来ますが)。夫は「ありゃぁダメだったかな」などと軽く言っています。面接ではベストを尽くした感があるので諦めも早くつくのでしょうか。

本人はまだメインの仕事(収入先)が見つからなくて焦っているみたいだけれど、この不況で、短期間にパートとは言え3つも仕事を見つけたんだから私は褒めてあげたい。目標に向かってひたすら頑張るのもいいけれど、たまには振り返って自分の努力を褒め称えるのも良いんじゃないかな。

もうすぐバケーション。めい一杯楽しんでリフレッシュして、また来年から新鮮な気持ちで色々取り組んで欲しいと思います。
[PR]

by daisyduke | 2009-12-22 20:26 | 日記