朱色の器

b0046462_2191188.jpg大皿が欲しいな・・・とここ暫く思い続けていたら、素敵な漆器を買う機会が訪れました。これは福井県で作られる越前漆器です。

どっしりとした重量感と、深みのある朱色に一目ぼれ。
朱色は古代より「福を呼ぶ色」と言われていたんだって。買った時に、「ご一家にたくさんの福がやってきますように・・・」という素敵なメッセージも頂きました。これ一つでたくさんの福を願うのは厚かましいような気がするけど、確かに使う度に幸せになれそうな色。

漆器と言えば、お正月くらいしか使いませんでしたが、これからはもっと普段使いしていこうと思います。これがテーブルに乗るだけで断然華やかだもんね。どこかに飾っても様になりそうだな。その場合は猫の爪の届かないところを選ばないと。
[PR]

by daisyduke | 2010-06-15 21:17 | インテリア