大きな一歩前進

b0046462_2056983.jpgピザの命はなんと言っても生地、と信じている私。薪の香りがほのかに漂い、薄くてパリパリ&モチモチ、一人でホール一枚ぺろっと平らげられるような軽さ、そんな感じを目標に、夫に日々頑張り続けてもらいました。

で、最近いよいよ「これってば結構いけるんでは?」というレベルに近づいてきたような。でも本物の釜で焼いてみないと何とも言えない。・・・というわけで昨夜、夫が週1で働いてるバイト先に自分の生地を持って行き、お店終了後に釜を使わせてもらい焼いてみた。

結果ね、一言でいうと、素晴らしい仕上がりだったって!お店のオーナー含めスタッフもみんな驚いて「すごい美味しい!」と褒めてくれ、何とかして夫からレシピを教えてもらおうと迫ったとか。。。というようなことを帰宅早々興奮冷めやらず、な感じで話してくれました。

1枚、私の為にも持ち帰ってくれました(写真)。すごいね、家で焼く感じとはぜんぜん違う。プロが焼いたピザみたい(笑) 釜が一番温度が高い時など、1分で焼けてしまうんだって。今度はお店に行って焼きたてを食べようと思います。
[PR]

by daisyduke | 2010-08-01 21:16 | ピザ屋オープンに向けて