目が覚めた。

b0046462_2213751.jpgプロの釜で焼いた、夫のピザを食べた。(トマトソースやチーズはそのお店のもの)

もう何度も食べている夫からは聞いていたけど、自分で確かめてみて驚き。・・・美味い!!家で焼くピザとは別物みたい。モッチリ、サクサク、ふんわり、薪の香り。

こうして売る商品は確実に出来上がってきているのに、資金準備で行き詰ってる。
融資してくれる先が見つからないのだ。大概が「レストランビジネス?経験なし?話になんねーー」という感じで門前払い。ちょっと脈有りのところが僅かにあるものの、すぐに纏まりそうな雰囲気ではまったくない。まさかこれほど難しいとは正直思ってもみなかったんだ。

そんな話を父にすると、(もしかしたらお金貸してくれるかな、という期待も密かに込めて)「なんかさ、二人の考えとか態度って変じゃない?」と一蹴された。「お金が必要だっていうのにさ、どうして外食しまくってるの?どうして必要ない服買うの?どうしてどうして・・・?」みたいなこといっぱい言われた。最後には「夢を追いかけるのも格好良いけど、楽して実現させようなんて甘すぎるよ」と。

私は楽してるつもりなんてなかったけど、すごく頑張ってるつもりだったけど、周りから見たら笑っちゃうほどの微々たる努力だったんだな。いや、努力とも呼べないものだったんだな。思いっきりビンタくらって目が覚めた感じ。恥ずかしい。

電話直後は打ちのめされて落ち込んだけど、実は心が温まっていることに気づいた。こういうことはっきり言ってくれるのは親くらいだろうし。よし、やるぞ!

てな感じで今は毎日自分のすることを一々見直しながら改革中。今している仕事への取り組み方も改めます。こんなことにワクワクしてる自分が不思議です。
[PR]

by daisyduke | 2010-11-08 23:04 | ピザ屋オープンに向けて