アメリカ式巨大オーブンクリーニング事情

家事は嫌いだけど清潔なお家に住みたい。でもお手伝いさんなんか雇うお金は無いから渋々自分でやる。多くの方がきっとそんな思いを抱きながら日々の忙しい時間を遣り繰りしつつ、家事もこなしてるのですよね。皿洗い機、乾燥機・・・など家事を少しでも楽にする家電が一般化してきてますが、日曜日に驚かされたのはオーブンのクリーニングシステム。我が家はこのオーブンでピザやキャセロール系はもちろん、肉も魚もお世話になりっぱなし。で、あんまり掃除をしないから油でギトギト、黒い塊があちこちにこびり付き、それはもう凄い事になってたわけです。

日曜は旦那さんと大掃除の日、と決めて何の考えも無しに「私がオーブン掃除するよ」と宣言してしまい、中を改めて見てみてびっくり&大後悔。普通の洗剤なんかでこすったくらいでは汚れが落ちるわけも無く。スクレイパーでガリガリこびり付いた汚れを削り始めましたが、こんなペースでは来年になっても終わらない!ブーブー文句を言い始めた私を見て旦那さんが「クリーニングシステム(最近のオーブンには殆ど付いてるそうです。ただスイッチをオンするだけの優れもの♪)を使ってみなよ」と。そういうのがあったのは知ってたけど、まさかこんな酷い汚れがボタン一つで落ちるとは信じがたかったので今日まで使わず終い・・・でしたがこの日は使わずにはいられなかった。藁にもすがる思いとは正しくこのこと。

スイッチをオンすると4時間半ほど高熱が続き一度たりとも開ける事は出来ません。嫌な匂いが部屋に充満しますが窓を開ければOKな程度。・・・そして時間が経って開けてみると、あーら不思議!!あれほどの汚れが綺麗に消滅してる!底にサラサラした灰が少しだけ落ちてるのでそれを一拭きしたらもう新品のようなオーブンに生まれ変わったんです。何で、何で、あの油汚れはどこへ行ってしまったの?!?!もう狐に包まれたような気分でしたが、嬉しくて仕方の無い日曜の午後でした。

綺麗になったのでオーブンお披露目。
b0046462_102712.jpg

[PR]

by daisyduke | 2004-12-21 10:31 | 料理・家飲み