恐るべし機内食

1個前の記事と逆に、日本滞在中にマイナスの印象があった食べ物。

b0046462_21403985.jpg


筆頭はやっぱり機内食。乗るたんびに不味くなる、と感じてるのは私だけでは無い筈。洋食にしとくべきだった!と大後悔にかられた前菜のお寿司。
b0046462_21421821.jpg

お寿司での嫌な予感は大当たり。何を食べても不味い、てすごいと思う。下品な程に山盛りの白米とインスタント味噌汁に漬物でお腹を膨らませる。
b0046462_2145317.jpg

もうこんなお弁当(色んな物が何種類も少しずつ入った、という意味で)は当分食べられないかも、という気持ちからなのか、帰りの機内でもやっぱり日本食を頼んでしまった。行きと同じくらい不味い・・。写真はないけど前菜のお寿司にあった穴子がゴムみたいでびっくり。
b0046462_21492296.jpg
伊豆の旅館で出たお刺身類。実はこれすっごく美味しかったんです。でもあまりにも期待していたせいでちょっと拍子抜け。いや拍子抜け、というのも正確な表現ではないな。私の本当に勝手な想像で、伊豆は魚が新鮮で美味しい=前日に食べた築地のお寿司を越えるレベルのはず、と思い込んでたせいです。しつこいようですが、本当に美味しかったんです。築地の凄さを実感した伊豆旅行でもありました。
b0046462_21555483.jpgカレッタ汐留の最上階にある高級イタリアンレストラン。旦那さんの誕生日のお祝いに。ここも実はとっても美味しかった。特にこの前菜の鯛のサラダが。選んでもらったイタリアンワイン、パン、前菜の後パスタ2種、魚、肉、デザートと全てが美味しいの。・・・でもね、何か全部普通で。パンチがないというかすぐに忘れてしまいそうな味。ちょっと週末に食事、ていうんなら全然許せて「美味しかった」と素直にブログに書くと思います。でもね、この値段でこの味かい!と言わずにはいられない。あの素晴らしくロマンチックな夜景(ディズニーランドの花火も丁度見えたり)代なんだよね、と分かっているけど、でも高級レストランには「家庭では出せない味」「プロの味」をどうしても期待してしまうのです。あとサービスも何だかなー。経営陣であろうイタリア人が従業員を厳し~くチェックしていて、ウェイターに個性&ゆとりが無い感じ。こっちも緊張してしまう。

文句ばかりですが、良い点は嫌が王にも気分が盛り上がるロマンチックなセッティング。ゴージャスな夜景は勿論、入り口から奥までの長~いキャットウォークもドキドキさせてくれますね。そのお陰か旦那さんはかなり楽しんでくれたみたいなので嬉しかったです。ただもう一度自腹を切って行きたいか、と言われると悩みます。私がもし独身男性だったら、口説きたい女性を連れて行きたい店のリストに載る事間違いなし。

こうして書き出してみると、日本に入国後は美味しいものばかり食べていたんだなぁ、と実感。
[PR]

by daisyduke | 2005-01-09 22:37 | 食べ歩き・飲み歩き