出社最終日 in TX

b0046462_14364117.jpg初めてアメリカを訪れたのは約10年前、短大の春休み中、ユタ州への1ヶ月交換留学でした。それから日本へ帰ってきて英語をもっと勉強しようという気になって。その数年後、だんなさんと出会ったわけですが、英語を勉強してたからこそ彼とも積極的に会話が出来たのだと思う。そう考えると短大の掲示板の「ユタ州へ行きませんか」のビラに目が留まったのは奇跡的な気がするわ。実際行った事実はもっと奇跡的。だってあの頃はアメリカなんて全く興味がなかったんだから。何で行く気になったのか、今一生懸命考えても思い出せません。あの1ヶ月ユタ留学がなければ今の生活はないように思います。不思議です。

私はアメリカに来てから引越しばかりしています。引越しは大嫌いなんだけど、いつもそうせざるを得ない状況になる。必然的に新しい人々との出会いと別れも繰り返します。テキサスではたくさんの「人生の友」に出会えました。今日は出社最終日だったのですが、しみじみそれを感じています。

この会社では実に多くのものを得ました。素晴らしい人との出会いはもちろん、人生において大切なものとか(大袈裟?)。写真は同僚からの「さよならカード」。巨大です。縦1㍍x横50㌢くらい。アメリカ!て感じでしょ(^^)
[PR]

by daisyduke | 2005-08-06 15:06 | 日記