採血騒ぎ

b0046462_1054285.jpgうちの雄猫、しょっちゅう吐くんです。ヘアボールでなくて食べたものを吐く。数ヶ月前にやった健康診断では至って健康、と判断されたから餌を変えたりして様子を見ていたんだけど、やっぱり吐く。で、昨日医者に診せに行ったんですね。外部からは何も異常は見られないけど、一応血液検査をやっておきましょう、て事になって。

まさかまさか、血液を喉から採取するなんて思ってもみなくて、私の方がパニックになってしまいました。人間だって喉に針をさされたらびびるでしょう(ちゃんと予告されていたとしても)?うちの哀れな雄猫は、もちろん何が起こってるのか知る由もなく、いきなりジョリジョリ喉もとの毛を剃られ、みんなに押さえつけられ喉に太い針がブスッ!

もう暴れて暴れてねぇ。悲惨な声を出すし可哀想で私が涙ぐんでしまいました。しかも暴れて十分血液が採れなかったんで、2回も針が刺さる事に。2回目は1回目以上に暴れて針がぶれ、かなりの出血がありました。白い毛が赤く染まっていくのを見るのは辛いなんてもんではありません。

猫の為にやってるけれど、彼にとったらただの拷問に過ぎない。「私は正しい事をしてるんだわ」て自分を納得させるのに時間がかかりました。検査の結果が良いものでありますように!
[PR]

by daisyduke | 2005-10-30 11:06 |