ネイリストの地位

この国で、“ネイリスト”の社会的地位はかなり低いと思う。前から分かっていたけど、1ヶ月働いてみて実感した。客のネイリストに対する態度からそう感じたのです。

「さぁ私の爪を磨くがよい」と言わんばかりの女王様的態度の人、「あんたと話しても仕方がない」という感じで一切口を利かない人、差別的な質問を平気で投げかけてくる人・・・色んな人がいる。めちゃくちゃフレンドリーで優しい客もいるにはいるが、彼らにしても私達のことを“下”に見ているのは明らか。

何故でしょうか。ネイリストになるのが簡単だから、授業料や試験料が安いから、移民者が多いから、英語を流暢に話せる人が少ないから、給料が安いから、高がネイルだから・・・・・色々な理由が考えられるけど、私が思うに一番の原因はネイリスト自身の意識と態度の問題。

私が客としていくつかのサロンへ行っていた時に関わったネイリストや、今のサロンのスタッフだけに限って言えば、自分の仕事に誇りを持ちながら客に接している人は殆どいないように思う。ネイルが大好き!だから全ての人の爪を綺麗にしてあげたい!そういう情熱を持って仕事をしている人が実に少ないのだ。

ネイリストが変われば客の態度も変わってくると思うんだけどね。
[PR]

by daisyduke | 2006-06-05 20:30 | ネイル