最近思うこと

新しいサロンでの仕事が思った以上にきついのです。週5日働くようになったからなのか、通勤時間が長いからなのか、立って待機する時間が増えたからなのか・・・。とにかく家に着くとぐったりして何もする気が起こらない。着替えて夫が作ってくれたご飯を食べ、ソファでのんびりしてると30分もしないうちに寝てしまう。家事は殆ど夫に任せ切りだし、友人や家族へのメールや電話も後回し、請求書の支払いや書類の整理もぎりぎりまでやらない。休みの日は好きな事をやりたいと思っていても、やるべき事を済ませるだけで時間が過ぎていく。

私は「忙しい」とか、「疲れた」という言葉はなるべく発しないようにしてます。誰だって忙しいのだし、疲れた時に疲れた、と言うと疲労感が倍増されるような気がするから。それでも最近夫に向って「疲れて何もやる気が起こらない」と連発していることに気づきました。余裕がなくなってる証拠なのかも。

今のところ夫は一生懸命私の事をサポートしてくれて、家事も雑事も快く引き受けてくれているし、私が休みの日に一人で物事に取り組んでいるのにも文句を言わないけれど、彼だって不満が溜まっているはず。私が彼だったら「僕は一体なんなんだ?」て怒るでしょう。

夫婦だからといってお互いをサポートするのが当たり前ではない。相手を愛しているからこそ支えたいという気持ちが生まれ、支えられた方は感謝の気持ちを言葉や行動で表す。私はそれを最近怠っていました。反省。結婚って、運命の人を見つければ上手くいくってもんではない。結婚生活が成功するかどうかは、毎日の二人の惜しみない努力にかかっているように思います。愛の言葉を交し合うだけでなく、夫婦と言えども最低限の礼儀をわきまえたり、二人で決めたルールは絶対守るとか色々。

時々アメリカで一番有名な心理学者、Dr.Phillのサイトにいって気持ちを引き締めます。大人気のTVショーを始め、色んな雑誌にも引っ張りだこの彼ですが、やはり良い事言ってます。私は夫に「〇〇やって」とか、「〇〇やらないで」と要求してしまうことが多いのですが、それに対してしょっちゅう夫から文句が出ます。君はControl Freakだ、と。何でも(例えば食器の洗い方から服のコーディネートまで)自分のやり方を通さないと気が済まないように見えるらしい。きっと彼の言う通りなのだと思う。しかし要求は後から後から出てくるし、どうしたらいいの?と悩んでいると答えを出してくれるのがDr.Phill。手早く結果を言ってしまうと「一方通行はいかん」ということ。お互い歩み寄って妥協点を見つけなければいけない。それが分かっているのにどうしても自分のやり方を貫きたい場合は、掃除のやり方云々ではなくもっと深い問題が潜んでいるのかも知れないんですって。それは自分自身の精神の問題かもしれないし、相手への愛が薄れてきたのかもしれないし。

要点がまとまらないままだらだらと長く書いてしまいました。死ぬまで楽しい結婚生活を送りたいものです。
[PR]

by daisyduke | 2007-01-08 03:01 | 日記