一味違ったネイリストになる

今のサロンは私を雇うことによって売り上げが上がる事を期待していたようです。つまり私に与える客は元々いなかったというわけ。忙しくなってきて、もう一人ネイリストが必要になったから雇ったわけではなかった。私が自分を売り込み、一から顧客リストを作り上げることを期待していたらしい。だから入社したての頃は、出勤しても仕事無しの日も多かった・・・(客の手を全く触れない、という意味で)。ショックでした。

しかしこのサロンへ就職したのにも何か意味があるに違いないわけだし、見よう見真似で営業のようなこともしています。営業と言っても既にサロンに来ている客にアプローチして自分をアピールするだけなんですけどね。

私は元々営業が苦手なので、出勤するのがすごーく嫌になる朝もある。そんな時思い出すのは最初に働いたサロンの事。そう言えばあそこでも最初の1~2ヶ月は毎日泣きそうになるくらい嫌な思いをして、それでも何とか通い続けているうちに客もつくようになったし、技術も上達したし。つまり頑張っていれば必ず良い方向に行くのよね。1日1日の単位で見ると何も変わってないように感じるけどね。

そんな感じで自分を奮い立たせているうちに、今のところへ転職してから6週間ほど経ちました。最近やっと、ここでもやっていかれそうだな、という兆しが見えてきた感じ。少しずつですが私の事をリクエストしてくれる人が出て来ています。素直に嬉しいけれど、これから成績を伸ばしていくには「私の強み」「私のセールスポイント」のようなものをはっきりさせなければいけないでしょう。他のネイリストにはない何かを私が持っているから、客はリクエストしてくれる。それが何なのかを模索し、確立させていこうと思います。
まだまだこれから。
[PR]

by daisyduke | 2007-01-16 00:47 | ネイル