日本にて: 田舎ごはん②

b0046462_531767.jpg
さて、おやつタイムが済むと夕食の準備に取り掛かります。田舎では客が来るとこうして一日中ご飯の準備に終われるのです。

夕食のメインの赤飯は、もちろん薪でで湯を沸かし、その上で焚く方法です。
b0046462_5333291.jpg

最初はとっても煙い。
b0046462_5341932.jpg
赤飯を準備するおばあちゃん。今日は栗入り。この栗も近所で拾ってきたもの。私達の為に秋に拾ったのを保存しておいてくれたんだって。
b0046462_5364910.jpg

おばあちゃんはもう歳なので、実際の仕事はほとんど私達がやりました。懸命に火の調節をする夫。
b0046462_5375337.jpg

せっかくだから焼き芋も焼こう、ということに。銀紙に包んだ芋を火の中に放り投げる直前の様子を激写!(ジョークです。実際はそっと薪の中に押し込みました)。
b0046462_5393146.jpg
いやぁ、この焼き芋が美味しいのなんのって!さつまいもがあまり好きでない私も、夜ご飯が美味しくなくなるからと拒みがちだった母も、一口食べたら止まりません。
b0046462_5424411.jpg

赤飯が炊き上がる頃、おばあちゃん特製の煮物(彼女はこれを田舎風おでんと呼ぶ)やジンギスカンの準備も出来上がります。そしてまた宴会の始まり・・・
b0046462_544334.jpg
私は海も山も好きだけど、どちらか選べと言われたら絶対山を選びます。それはきっと小さい頃からこのおばあちゃん家に遊びに来ていたからなんだと思う。過去の思い出、そして今ある幸せに感謝せねば。
[PR]

by daisyduke | 2007-03-12 05:49 | 食べ歩き・飲み歩き