先日・・・

・・・某有名人のマニキュアをする筈だったのが何かの手違いで出来なかった、という日記を書きました。そのちょうど1週間後、マネージャーがまた私に同じ話しを持ってきてくれたんです。

「明日は絶対ほんとだから行ってくれないかな?」
「えぇ、行きますとも」
一度振られたくらいでこんなチャンスを断るわけがありません

朝早かったけど無事遅刻せず到着しました。
おーーー先週とはスタジオの雰囲気が全く違う!たくさん人が動き回ってて忙しそう~。私の緊張感も最高潮に高まります。化粧台に案内されセッティングを終えた頃に本人登場。うわ、本物だ!すっぴんで頭ぼさぼさだったけど、テレビで見る彼女そのまんま。

マニキュアはフレンチネイルをオーダーされました。あまり満足のいく出来ではなかったけれど、何とか無事終えました。彼女は細かいところまでチェックが厳しい。色々指摘されて「もっと時間かけて丁寧にやれば良かった」と後悔。
それから彼女はネイルに関しての知識は素人並なんですが、いかにも全て知ってると思い込んでいる。緊張していて、彼女の間違った知識を訂正してあげることが出来ませんでした。これも後悔。(正確には「怖くて口答え出来なかった」というのが本音なんだけど)

色々言い訳してますが、結局あれが今の私のレベルなのだと思う。今回はそれをはっきり見せつけられた感じです。約1時間の間に多くのことを学びました。そして、ネイリスト1年未満の私にこういうチャンスが巡ってきた事に感謝です。




b0046462_2121891.jpg・・・マーサ・スチュアートです。

色~んな経験をしてきているからでしょうか、「私に怖いものは何もないわ」というような自信が漲っていました。しかしここだけの話し、あまり“ナイス”な方ではないです・・・。言葉遣いも汚いし、人を傷つけるような暴言を平気で吐くし。私に対しては普通だったんだけど、マニキュアの間中、出入りするスタッフに対しての態度は、いつもテレビや雑誌で見るあのマーサからは想像できません。

情など関係ない。誰かが傷つこうと、ビジネスの為だから仕方がない。利益を上げることだけに徹して仕事してる、という感じでした。

あくまでも、1時間一緒にいただけの私の感想ですが。
[PR]

by daisyduke | 2007-04-24 21:17 | ネイル