リッチなお客様の話

今のサロンで働くまで、お金持ちと接した事がなかったせいでしょうか。客達と話していると心底たまげてしまいます。

~その1~
客: 「最近新しいアパート買ったから、そのデコレーション作業でめちゃくちゃ忙しいのよ。雇ったインテリアデザイナー、料金高い割には仕事が遅いし」
私: 「そういう料金ってかなり高いと聞いたことありますが・・」
客: 「高いだけじゃなくて、欲も深いわよ。まず家の下見に来るだけで$20,000かかったの。そして見積もり表を見ると、予算は$600,000だと言ったのに、$200,000もオーバーしてるんだからびっくりしたわ」
              ↑
インテリアにそんだけお金かけられるっていうと、一体アパートは幾らだったのかなぁ

~その2~
客: 「最近まで絵画を何枚かレンタルしていたんだけど、その期間も終ったから新しい作品を買おうと思ってね。レンタルしたのは正解だったわ。だって絵画って安くないでしょう?だから暫く飾っておいて初めて本当にそのアーティストが好きかどうかが分かるのよね。」
私: 「へぇ~、そういうレンタル屋があるんですね。知りませんでした」
客: 「レンタル屋というか、MOMAから借りてたのよ」

~その3~
客: 「昨日長旅から帰ってきたばかりで、もう爪がボロボロなのよ」
私: 「どこに行っていたんですか?」
客: 「色んなところ。まぁ世界一周と言ってもいいような旅だったわ。最低12カ国は周ったかな」
私: 「期間はどのくらいで?」
客: 「約1ヶ月」
私: 「約1ヶ月で12カ国だと随分忙しかったでしょうね。特に空港での手続きやセキュリティなんか煩わしかったんでは?」
客: 「そんなことないわよ、プライベートジェットで周ったからそういうものとは無縁だし、待ち時間も一切ないし、プライベートな空港を使うから人込みに悩まされる事もないしね」

~その4~
私: 「週末は何か予定があるんですか?」
客: 「ケンタッキー州に用事があって行かなくちゃならないの」
私: 「友人か親戚を尋ねて?」
客: 「違うわ、娘の為の馬を探していて、そこに何頭か良いのがいるっていうから見に行くのよ」

~その5~(極めつけ)
客: (ペディキュアをしてる最中に陳列されているある商品に目をつけ・・・)「あれは何?」
私: 「〇△×ペディキュアに使っています」
客: 「何、その〇△×ペディキュアって?」
私: 「通常のぺディより時間をかけて足のお手入れをするスペシャルバージョンです。とにかく早く終わらせてほしいと思っているお客様より、リラックスしたい方にはお勧めです」
客: 「何で私には今まで勧めた事がなかったのよ!私が金に糸目でもつけると思ってるわけ?」
私: 「いえ、まさか」(だってあんたはいつも一刻でも早く終わらせろ、とうるさく言うじゃないの、という言葉はぐっと飲み込んで)
客: そうよ、私は値段なんて気にしないんだから今日からそのペディキュアをして頂戴。でも時間は今まで通りさっさとやるのよ!」
             ↑
そこまであからさまに言わなくてもねぇ(^^;
[PR]

by daisyduke | 2007-10-27 22:30 | ネイル