トイレの床がそう汚くないと思っているのか、はたまた汚れたって洗濯すればいいのよ、と思っているのか。

私の勤める会社の就業時間は8時~5時。もちろんワーカホリックのように働くアメリカ人だってたくさんいるけど、大概は5時であがって自分の時間を楽しむ。

「これからジムへ!」とか「川のほとりをジョギング」なんて計画してるアメリカ人は会社のトレイでスポーツウェアに着替えてから出かける人も少なくない。もちろんトイレで着替えるのだが、なんせアメリカの個室トイレのドアはプライバシーが全くなく隙間だらけだし、ドアは床下から40センチは軽く浮いてるので個室の中身がある程度見えてしまうのである。

で、「あー、これからジムに行くのね」と何故分かるかというと床にべったりなんでもおいてるから。通勤用カバン、脱ぎ捨てた会社用シャツやスカート、これから着るんであろうトレーニング用シャツやパンツ、その他もろもろあの会社のトイレの皆が靴で歩き回るタイルの床に色々と並べて準備に励んでるんです。まだまだ私には理解できません。

未だに理解できないアメリカ七不思議のひとつでした。
[PR]

by daisyduke | 2004-11-10 12:27 | アメリカ