Bin No. 220: ワインバー

アメリカはオバマさん当選で沸きに沸いています。世界中が注目する歴史的瞬間を、この国で感じられたことはラッキーだと思います。これからこの国がどう変わっていくのか楽しみですね。私の周りも大騒ぎ。特にゲイの多い美容業界はみんな民主党支持ですから、その喜びようったらないですよ。

しかしお金持ちのお客様方は皆共和党主義なわけで。これからの行方に頭を悩ませる客を尻目に私達は嬉々としているんです。面白い光景だわ。

ところでサロンといえば、相当ヤバイです、うち。この経済危機により客足が徐々に遠のき始めたんですね。ここでどうやって踏ん張るかが経営者の腕の見せ所ってもんでしょ? ところがうちの役員方は、どんどん人の首を切るわ、法外な値上げをするわ、もういい加減にしてよっ!と叫びたくなるような方針ばかり実施するのよ。もちろん従業員の士気数は下がるばかりです。もう従業員の殆どが就職活動をしているみたい。

私も次の仕事の目処がつくまでは今のところで稼がせてもらおうと思っていたけど、どうなることやら。怖いもの見たさで最後まで居ついてやるというのもいいかも。

こんなご時世ですから、もう飲むしかありません。。。て、いつでも飲んでるけどね。
そんなわけでSouth Seaportにあるバー、Bin No. 220へ行って来ました(この文章展開、かなりキツイな)。この近所で働く友人が指定したのです。
b0046462_9144963.jpg

まぁ、特筆する事は何もないバー。つまみも大した事ないし、もう行く事はないかな。ワインバーという割にはワインの種類もあまりないし。何だか文句たらたらです。
[PR]

by daisyduke | 2008-11-07 09:19 | 食べ歩き・飲み歩き