カテゴリ:アメリカ( 58 )

旦那さんのそっくりさん?

b0046462_9533749.jpgInsomniacというショー、ご存知でしょうか。ホストのDave Attellが色んな街へ飲みに行き、その先々で起こるエピソードを綴るお笑い番組です。(東京にも行った事あり)

友達が、このDave Attellは私の旦那さんにそっくり!と言い張って聞かないのです。もし人間を外見だけで10個のグループに分けたら、たぶん同じグループに入るでしょう。でも似てないの!こんなにエラ張ってないし、鷲鼻でないし、毛と目の色も違うし、眉毛の形も全然違う。ほんとーーーに似てないんです!

しかし他にも何人か「似てる」と言う人もいたりして。毎日見てる私はともかく時々しか会わないような友達にはこういうイメージだ、というのは事実なんでしょう。

しつこいけど本当に似てない。こんなひげもじゃのオヤジではないのにな。。。

このショー自体はなかなか面白いです。
[PR]

by daisyduke | 2005-02-04 09:58 | アメリカ

今時のスーパーリッチなアメリカンギャル

The Simple Life という馬鹿馬鹿しいショーをご存知でしょうか。超超お金持ち&有名な親を持つ女の子二人、Paris HiltonとNicole Richie、が主演するバラエティ番組です。お金に全く不自由しない女の子が普通の人の生活を体験して行きます(凡人の生活はアホくさい、と言ってるようにも取れます)。普通の家庭にホームスティし、普通の仕事を体験してみる。その仕事はオフィスでの事務であったり、自動車の整備士であったり、はたまた酪農家であったりさまざまです。

最初はこの番組の事、とっっっても馬鹿にしてました。実際過去2シーズンも全く無視してたし。それが昨日3シーズン目の第一話を偶然にも見てしまったんですよ。そしたらね、これが結構面白い。半分はやらせなんだろうけど、でも思わず最後まで見てしまう。彼女達の仕事っぷりが凄いのです。普通はもっと昇進するように、て頑張るでしょう?それの正反対。いや、彼女達は本能のままに動いてるんですね。楽しさだけを追求してる。だから会社の規則に従えない。裏を返せば、私達はいかに我慢して日々を送っているか、と考えさせられてしまいました。恐るべしParis&Nicole。まだ同僚に「私The Simple Lifeのファンなの~」と言える勇気はありませんが、とりあえず来週も見てしまいそうです。

それにしても、Nicole(ちびっ子の方)はダイエット頑張ったんだな~。すっごく可愛くなりましたよね。

b0046462_9495353.jpgシーズン1
b0046462_95033100.jpgシーズン2
b0046462_9505076.jpg現在
[PR]

by daisyduke | 2005-01-28 09:55 | アメリカ

アメリカオフィス事情

やっと金曜日も終わりました。今週は長くて辛かった・・・。風邪が治りかけ、というのもあったかも知れないけど、来期の予算の事とか、売り上げ基準が変わったのでそれに伴う資料作りとか、とにかく大量に仕事があってハードだったのです。しがない一会社員でも、唯一幸せだな、と思うのは個人のスペースがゆったりしてること。これ、うちの会社が特別ではなくて、アメリカの典型的なキューブです(多少の差はありますが)。左が私のキューブ(汚くて失礼)。右が私のキューブから振り返って部署を見渡したところ。b0046462_9392987.jpgb0046462_9394391.jpg
でも、頑張って仕事全部仕上げたし♪もう金曜日だし♪♪仕事の事は忘れて金曜の夜を楽しみまーす(^^)
[PR]

by daisyduke | 2005-01-22 09:41 | アメリカ

病院にて

用事があって病院に行ってきました。医者に行くと同意書にサインさせられます。支払いの義務を全うします、とか、まぁその他諸々。読んでると一つ分からない単語が出てきました。

「Consent」

コンセント・・・何だろう、何だろう。すぐ誰かに聞きゃぁいいのに意地と見栄が先立ってしまい、とりあえず自分で解決しようと決めました。他の項目はその内容に同意するならサインをする(サインをしないと診察してもらえない)、とシンプルなのに、「Consent」を使ってある項目だけは「I do」と「I do not」の選択肢があってどちらかを自分で選んでサインするようになってるんです。しかもConsentはすっごく重要な役目を果たしてる単語だ、てことだけは分かる。全文を何度読んでも「Consent」の意味は検討がつかず、ぼやぼやしてるうちにナースに名前を呼ばれてしまいました。

時間切れだったので仕方なくそのナースに意味を聞きました。こっそり教えてくれればいいのに大声で至極丁寧に教えてくれて周りのみんなにバレバレです。馬鹿だなぁ、私って。こんなことなら最初から誰かに聞いてたら良かったのに。でも少し利口になった朝でした、単語を覚えた事も、意地と見栄なんてものも捨てるべき、てことも。

*私の様に単語を知らなかった方の為に: 「Consent=同意する」とのこと・・・。全部つなげるとその項目は「医師の診断に同意しますか?」というような意味になりました。
[PR]

by daisyduke | 2004-12-15 20:49 | アメリカ

I want you・・・・・to pull my finger!!!

b0046462_12425380.jpg第二次世界大戦の頃、アメリカでは召集命令を出すUncle Sam(サムおじさん)なる人物がいました(実在はしないそうで)。つまりこのサムおじさんが赤札をあなたに送りつけ、その時の決まり文句が「I want you」だったことで物凄く有名になったんですって。その文句と一緒に出回ったのがこの写真。(ちなみに現代ではUncle Sam=政府、らしい)

話は少し飛んで、アメリカで昔流行った親父ギャグに・・・「僕の指を引っ張ってごらん」と言いながらピストルを撃つような真似をして人差し指を突き出し、それをうっかり引っ張ってしまうと親父がおならをする、というのがあったそうです。本当は親父が(若者もやってたのかな)おならが出そうな時に丁度使えるギャグ、として流行ったのかもしれませんね。どうしようもない、でも愛すべき親父ギャグだと思います(^^)

b0046462_12471096.jpgこのお話二つを掛け合わせたギャグがプリントしてあるTシャツ。義理ママから旦那さんへプレゼント。すっごくセンスがあると思いませんか?少なくとも私は最高にウケル!と思ったよ。

今日はTシャツ一枚でOKな汗ばむ陽気でした。
[PR]

by daisyduke | 2004-12-13 12:51 | アメリカ

すっごい大都市でもない限りアメリカでは一人一台ルールが当てはまると思います

私の住んでる町には電車がありません。公共の交通手段はバスとタクシーだけなんですが(タクシーはとりあえず話に入れない)、バスが恐ろしく不便。本数が少ない。行く地域がかなり限定されてる。時間にルーズ。だから車がないと生活できないんです。一人一台必須。免許のない方は閉じこもってるか、誰かに頼むか、タクシーやバスを渋々利用するか。まだ免許のない学生カップルは両親に映画館まで送ってもらってデートします。

前置きが長くなったけれど、つまり私も毎日車で通勤してるわけで。アメリカに来たての頃は「東京の満員電車に比べるとなんて天国♪」と思っていたのも束の間。田舎なりに渋滞もあるし風景はつまらないし結構苦痛です。「住めば都」の反対は「住めば現実」とでも言うのでしょうか。。。

こうなると不思議なものであの東京の満員電車が懐かしくなるんです。あぁ、人間観察楽しかったなぁ、とか。友達と偶然一緒になったりして、楽しかったなぁ、とか。もし日本でまた通勤する事があれば絶対ここの生活の方が良かった!と思う事は確実なんだけど、でも今は毎日車の中でどうやっていかに楽しく過ごせるか四苦八苦。とりあえず殺風景な車内を飾ろうかな、と。趣味のいいクッションなんかを置いて、少しでも自分に「早く車に乗りたい」と思わせるんです。

愛車のRAV4。とっても気に入ってます(^^) 旦那さんがフォードのExploreに乗ってるんだけど、あれは大きすぎて私には運転しにくい。でも車体の高いSUVがいいなぁ、と思って色々探した結果です。燃費もSUVの中ではピカイチです。
b0046462_943073.jpg

もしRAV4を購入思案中の方が万一これを読んでいて、そしてもしPearl Whiteの方がWhiteより少しクリーム色っぽいからPearl Whiteにしようかな、なんて思っていたらご忠告。どっちも全く見た目が変わりません!どっちも白にしか見えない。
[PR]

by daisyduke | 2004-11-18 09:49 | アメリカ

トイレの床がそう汚くないと思っているのか、はたまた汚れたって洗濯すればいいのよ、と思っているのか。

私の勤める会社の就業時間は8時~5時。もちろんワーカホリックのように働くアメリカ人だってたくさんいるけど、大概は5時であがって自分の時間を楽しむ。

「これからジムへ!」とか「川のほとりをジョギング」なんて計画してるアメリカ人は会社のトレイでスポーツウェアに着替えてから出かける人も少なくない。もちろんトイレで着替えるのだが、なんせアメリカの個室トイレのドアはプライバシーが全くなく隙間だらけだし、ドアは床下から40センチは軽く浮いてるので個室の中身がある程度見えてしまうのである。

で、「あー、これからジムに行くのね」と何故分かるかというと床にべったりなんでもおいてるから。通勤用カバン、脱ぎ捨てた会社用シャツやスカート、これから着るんであろうトレーニング用シャツやパンツ、その他もろもろあの会社のトイレの皆が靴で歩き回るタイルの床に色々と並べて準備に励んでるんです。まだまだ私には理解できません。

未だに理解できないアメリカ七不思議のひとつでした。
[PR]

by daisyduke | 2004-11-10 12:27 | アメリカ

ハロウィン

うちの会社は毎年ハロウィンにはお祭りをします。今年は31日が日曜なので金曜の29日にやりました。この日は殆ど誰も仕事をせず、騒いで一日が終わり。それぞれの部署がテーマを持って自分達のエリアを飾ります。

b0046462_0203956.jpg


「不思議の国のアリス」をテーマにした人事部。奥のほうにウサギやアリスが見えます。(注:物語を思い浮かべて華奢なアリスを探してはいけません)
b0046462_0212059.jpg


ミニーちゃんに扮装した女性。かわいい♪
b0046462_0214163.jpg
この部署のテーマは「落ちこぼれた小さな清掃会社」。その会社のお局様役の女性。下の方、よく見えませんが膝までのストッキング(しかも芸が細かくストッキングに千切れたトイレットペーパーまで挟まってます)にスリッパを履いてます。タバコも銜えて迫力満点。

ハロウィンは「アメリカ大好き!」と思わせてくれる行事です。
[PR]

by daisyduke | 2004-10-29 17:00 | アメリカ