カテゴリ:読書記録( 48 )

読書記録: 10月

b0046462_934896.jpg

ホワイトアウト: 真保祐一(著)

なんの予備知識もなく読み出して、最初はちょっとスローな感じがしたけど途中から止められないほど面白くなった。
b0046462_954371.jpg

東京物語: 奥田英朗(著)
b0046462_9552062.jpg

聖家族のランチ: 林真理子(著)
b0046462_9564797.jpg

トーキョー国盗り物語: 林真理子(著)
b0046462_9581262.jpg

冒険の国: 桐野夏生(著)
[PR]

by daisyduke | 2010-11-18 10:01 | 読書記録

読書記録:9月

b0046462_9303787.jpg

星と祭(下): 井上靖(著)
b0046462_9312347.jpg
老人と海: ヘミングウェイ(著)

これを最後に読んだのは20歳くらいの頃だったかな。なんかの授業で読んだんだと思う。この小説の良さが全く分からなかった私は幼かった。今でも分かってるとは言い難いのかも知れないけど。これからも何度も読んでその都度感じ方の違いを楽しみたい。
b0046462_9324162.jpg

使命と魂のリミット: 東野圭吾(著)
b0046462_9331861.jpg

名探偵の掟: 東野圭吾(著)
[PR]

by daisyduke | 2010-11-10 09:36 | 読書記録

読書記録:8月

b0046462_3314943.jpg
星と祭(上): 井上靖(著)

彼の小説はどれも大好きだけれど、これほど感動したのは覚えがないかも。
b0046462_3412945.jpg

ちゃれんじ?: 東野圭吾(著)

b0046462_347579.jpg

さいえんす?: 東野圭吾(著)
b0046462_3473735.jpg

夜明けの街で: 東野圭吾(著)
b0046462_3482671.jpg

ファニーフェイスの死: 林真理子(著)
[PR]

by daisyduke | 2010-10-28 03:51 | 読書記録

読書記録:7月

いまさら7月分をってのもあれだけど、メモがあるのでここにも記そう。

b0046462_1145212.jpg

蒼き狼: 井上靖(著)

全蒙古の征服、統一を一代で成しえたチンギスカンのお話。
b0046462_122274.jpg

あほうがらす: 池波正太郎(著)

「あほうがらす」とは、今で言う売春斡旋業者なんですね。
b0046462_1261418.jpg

手紙: 東野圭吾(著)

彼の本は結構読んでいるけれど、泣いたのはこれが初めて。
b0046462_1273145.jpg

みんな誰かの愛しい女: 林真理子(著)
b0046462_1281229.jpg

マリコ・ストリート: 林真理子(著)
b0046462_1284127.jpg

テネシーワルツ: 林真理子(著)
[PR]

by daisyduke | 2010-10-28 01:33 | 読書記録

読書記録:6月

b0046462_1816100.jpg
彗星物語:宮元輝(著)

久しぶりに宮元輝の世界にどっぷり。やっぱりいいなぁ彼の描く人物は。私ももっと一生懸命生きよう、もっと人に優しくなろう、と思わせてくれる。
b0046462_19275130.jpg
むかしの味:池波正太郎(著)

彼のいきつけだったお店が何軒も紹介されてます。それぞれのお店と自身の思い出が綴られていて、非常に面白い。池波ファンにはたまらない一冊ではないかしら。 
b0046462_19372384.jpg

花:林真理子(著)
b0046462_19375010.jpg

オーラの条件:林真理子(著)
b0046462_19382895.jpg

ミスキャスト:林真理子(著)
[PR]

by daisyduke | 2010-07-17 01:09 | 読書記録

読書記録:5月

b0046462_1944893.jpg
花の回廊~流転の海 第五部:宮本輝(著)

流転の海、最新の五部が出たのでまた一部から読み返し、先月で全部読み終えた。もう何度も読んでいるので登場人物達には実在しているかのような親近感を感じる。六部が出るのはいつかな。またずっと先なんだろうな。読者の中には高齢の人もいて、「死ぬ前に全部読みたいから早く書いてくれ」とお願いする人もいるらしい。
b0046462_19473584.jpg
闇の穴:藤沢周平

友人の薦めで読みたくなった藤沢周平さんの時代小説。これは短編が7編はいっているけどどれも面白い。はまりそう。
b0046462_19511234.jpg

卒業:東野圭吾(著)
b0046462_19514697.jpg

世紀末思い出し笑い:林真理子(著)
b0046462_19523510.jpg

猫の時間:林真理子(著)
b0046462_1953163.jpg

グラビアの夜:林真理子(著)
b0046462_19535280.jpg

杉原爽香シリーズ(25歳~35歳まで):赤川次郎(著)

毎年発売される長編ミステリー。作中人物も毎年歳をとっていくという設定がユニーク。もらいものでどっさりたまっていた11冊を、体調を崩して寝込んでいた数日の間に一気読み。全て古本屋にもっていってすっきり。
[PR]

by daisyduke | 2010-06-12 20:12 | 読書記録

読書記録: 4月

b0046462_21171133.jpg

旅路(上): 池波正太郎(著)
b0046462_21175480.jpg

旅路(下): 池波正太郎(著)

武家社会における、ある女性の波乱万丈の人生を描いた小説。謎めいた要素もあり、一体どういう結末になるのかが気になり最後まで一気に読んだ。最近彼の時代物にはまりつつある私。昔、父が鬼平犯科帳のドラマを欠かさず見ていた記憶がある。当時は何が面白いのかと思っていたけど、今では父がどういう気持ちで楽しみにしていたのかが分かるような。

b0046462_2119380.jpg

地の星~流転の海・第二部: 宮本輝(著)

流転の海シリーズは最近出た第五部の為にまた再読中。何度読んでも本当に面白い。

b0046462_21195749.jpg

血脈の火~流転の海・第三部: 宮本輝(著)
b0046462_21204186.jpg

天の夜曲~流転の海・第四部: 宮本輝(著)
b0046462_21214363.jpg

原宿日記: 林真理子(著)

*****************************************
今日は本棚の整理をしたいと思います。捨てられるもの(リサイクル)がたくさん出るといいんだけど。
[PR]

by daisyduke | 2010-05-02 21:37 | 読書記録

読書記録:3月

先月に読んだものは当りばかり。いつも一応面白かった順に並べているのだけど、今回は数分考え込んでしまったくらい。古本屋行きは1冊もありません。

b0046462_22335893.jpg

猟銃・闘牛: 井上靖(著)
b0046462_2235974.jpg

流転の海: 宮本輝(著)

これは再読。花の回廊(流転の海の5部)が出たのでまた最初から。
b0046462_22354469.jpg

イルカと墜落: 沢木耕太郎(著)

「イゾラド~隔絶された人々」というNHKのドキュメンタリー作成の為に行った取材旅行中のことが書かれた旅行記。読んだ後にYou Tubeでそのドキュメンタリーを観ましたがこれがまたとても面白かった。
b0046462_22362169.jpg

白州次郎 占領を背負った男(下): 北康利(著)
b0046462_22373791.jpg

ちぐはぐな部品: 星新一(著)

これも再読。彼の本はいつ読んでも色あせることなく新鮮。
b0046462_22381450.jpg

ララピポ: 奥田英朗(著)
[PR]

by daisyduke | 2010-04-03 22:46 | 読書記録

読書記録:2月

b0046462_22112736.jpg


花の回廊~流転の海 第五部: 宮本輝(著)
b0046462_22121888.jpg


恋: 小池真理子(著)
b0046462_22124833.jpg


暗黒のスタートライン~爽香23歳: 赤川次郎(著)
b0046462_22133177.jpg


小豆色のテーブル~爽香24歳: 赤川次郎(著)

*****************************************
● やっと出た!「花の回廊」文庫版。待ちきれずすぐ読んでしまったけど、また一部から読み返そう。
[PR]

by daisyduke | 2010-03-10 22:17 | 読書記録

読書記録:12月、1月

また溜め込みました。覚えてるものだけ記録。


b0046462_21262058.jpg

わかれの船:宮本輝(編)
b0046462_2127184.jpg

白州次郎 占領を背負った男(上):北康利(著)
b0046462_22351625.jpg

Yom Yom(2009年12月号)
b0046462_22362358.jpg

日曜日の万年筆:池波正太郎(著)
b0046462_2236588.jpg

さくら、さくら 大人が恋して:林真理子(著)
b0046462_22373429.jpg

本朝金瓶梅:林真理子(著)
b0046462_22382930.jpg

天空の蜂:東野圭吾(著)
b0046462_925981.jpg

群青色のカンバス~爽香16歳:赤川次郎(著)
b0046462_93934.jpg

亜麻色のジャケット~爽香17歳:赤川次郎(著)
b0046462_932091.jpg

薄紫のウィークエンド~爽香18歳:赤川次郎(著)
b0046462_933392.jpg

琥珀色のダイアリー~爽香19歳:赤川次郎(著)
b0046462_934718.jpg

緋色のペンダント~爽香20歳:赤川次郎(著)
b0046462_935825.jpg

象牙色のクローゼット~爽香21歳:赤川次郎(著)
 b0046462_941711.jpg

瑠璃色のステンドグラス~爽香22歳:赤川次郎(著)

************************************************* 
● 白州次郎の本は予想に反してとても面白かった。特に敗戦後、どのようにして憲法が出来たかなど。私が日本の義務教育では決して学ぶことの出来なかったことが書いてありました。

● 赤川次郎さんの本は全て貰いもの。このシリーズは毎年発売されるのですが、登場人物達も私達と同じように毎年一つずつ年をとっていきます。私は主人公の爽香が35歳になるところまで貰っているので一気読み。1冊1~2時間でささっと読める気軽なミステリー。
[PR]

by daisyduke | 2010-02-02 21:27 | 読書記録