カテゴリ:読書記録( 48 )

読書記録: 9月

b0046462_20313930.jpg


胸の香り: 宮本輝(著)
b0046462_20321593.jpg


血の騒ぎを聴け: 宮本輝(著)
b0046462_20324487.jpg


あかね空: 山本一力(著)

*画像はないけど、大江健三郎の「性的人間」も読んだ。大江健三郎の本を読む私を見て旦那さんが興味を示す。彼は三島由紀夫の愛読者なので、犬猿の仲にあった大江と三島のエピソードなどを熱く語るのです。
[PR]

by daisyduke | 2006-10-04 20:45 | 読書記録

8月、読書記録

b0046462_20103189.jpg


ファーブル昆虫記6: 奥本大三郎(編集)
b0046462_20125273.jpg


天の夜曲~流転の海 第四部: 宮本輝(著)
b0046462_20134212.jpg


車輪の下: ヘルマンヘッセ(著)~実吉 捷郎(訳)

*これと星新一の「ありふれた手法」を足して4冊。星新一は再読。

*少しずつ読んできた集英社のファーブル昆虫記は6巻でお終い。ファーブルは色々な化学入門書を書いている。次は彼の植物記を読んでみたくなった。

*天の夜曲を読む為に、その前のシリーズ3巻をわざわざ読み直した。第五部が出るのは何年後なのかしら?その時にはまた一から読み直すことになりそう。
[PR]

by daisyduke | 2006-09-06 20:22 | 読書記録

読書記録: 7月

b0046462_2324289.jpg


ファーブル昆虫記5~カミキリムシの闇の宇宙: 奥本大三郎(編集)
b0046462_5171458.jpg


ひとにぎりの未来: 星新一(著)
b0046462_2327576.jpg


地の星~流転の海 第二部: 宮本輝(著)
b0046462_2327471.jpg


地脈の火~流転の海 第三部: 宮本輝(著)
b0046462_23283615.jpg


私たちが好きだったこと: 宮本輝(著)

1冊目以外はすべて再読。そろそろ本を仕入れないと。
[PR]

by daisyduke | 2006-08-03 23:31 | 読書記録

読書記録: 6月

面白かった順に・・・といっても最後の一冊以外は全て一番にもってきたいところ。「流転の海」は再読。

b0046462_20545878.jpg


ダ・ヴィンチ・コード(上・中・下): ダン・ブラウン(著)、越前敏弥(翻訳)
b0046462_2058249.jpg


ファーブル昆虫記4~攻撃するカマキリ: 奥本大三郎(編集)
b0046462_20593733.jpg


流転の海: 宮本輝(著)
b0046462_2102784.jpg


魔術はささやく: 宮部みゆき(著)

************************************
今日から友達が遊びに来るので、ブログは5日ほどお休みします。皆様それまでお元気で!
[PR]

by daisyduke | 2006-07-02 21:02 | 読書記録

読書記録: 4月、5月

4月は試験勉強でほとんど読んでいなかったので5月分とまとめて。面白かった順に。

b0046462_20225720.jpg


星宿海への道: 宮本輝(著)
b0046462_20234510.jpg


ファーブル昆虫記2-狩りをするハチ: 奥本大三郎(編集)
b0046462_20253487.jpg


ファーブル昆虫記3-セミの歌のひみつ: 奥本大三郎(編集)
b0046462_20263741.jpg


明暗: 夏目漱石(著)
b0046462_2027243.jpg


地下鉄(メトロ)に乗って: 浅田次郎(著)


*死ぬより簡単: 大沢在昌(著)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
明暗は再読。著者は執筆中に胃潰瘍が悪化し亡くなってしまったので未完。どんな結末が待っていたのか・・・やはり夏目漱石本人の書いた完結編(水村美苗、という方が続明暗を出してます)が読みたい、という想いは拭いきれません。
[PR]

by daisyduke | 2006-06-01 20:43 | 読書記録

3月読書記録

b0046462_2252986.jpg


ファーブル昆虫記1-ふしぎなスカラベ: 奥本大三郎(編集)
b0046462_2275079.jpg


闇の花道: 浅田次郎(著)
b0046462_2283351.jpg


森のなかの海-下: 宮本輝(著)
b0046462_229944.jpg


不機嫌な果実: 林真理子(著)

面白かった順に。と言っても今月はどれもこれも面白かったんだけど。「ファーブル昆虫記」は偶然古本屋で見つけて、すぐカゴに入れました。全6冊のシリーズになっているのですが、先日残り5冊も注文したところです。楽しみだわ(^^)
[PR]

by daisyduke | 2006-04-01 22:15 | 読書記録

2月に読んだ本

b0046462_14541876.jpg


宮本輝著: 蛍川・泥の河
b0046462_14544994.jpg


宮本輝著: 森のなかの海(上)
b0046462_14551923.jpg


荒和雄著: 支店撤退-銀行の内幕
b0046462_14554370.jpg


岸恵子著: 30年の物語











面白かった順番に。最後の1冊は母に貰った本なのだけど、あまりのつまらなさに半分位で読むのを止めた。いくら日本語の本が貴重と言っても、苦しんでページをめくるのはアホらしい。
[PR]

by daisyduke | 2006-03-03 14:43 | 読書記録

1月に読んだ本

b0046462_820926.jpg

宮本輝著: 二十歳の火影
b0046462_8214816.jpg

笹沢左保著: 遙かなり蒼天
b0046462_8221479.jpg

宮本輝著: 優駿(上・下)


以前の会社のとある先輩は、「俺は一切小説を読まん。時間の無駄だからね」と飲み会で仰いました。「何をぬかすか、このボケ」と心の中で悪態をつくも、面と向かって反論する勇気も気力も持ち合わせていなかった私ですが、小説は大好きで常に読んでいます。

大体週に1冊ペースです。1月は4冊。生意気な感想ですが、2冊目のは最高に面白くなかった。そく古本屋行きですね。せっかく手に入れた活字だから読みきってしまわないと勿体無い、と自分に言い聞かせて読み終えたようなもんです。

現在崇拝してる、と言っても過言ではない宮本輝さん。何を読んでも面白い。1ページ開いたとたんにスーッと彼の世界に浸っていかれるんです。彼が偉大なのか、私との相性が抜群なのか。

「優駿」を読んで競馬に興味を持ちました。もともとギャンブル好きですからね、私。何だか危険な匂いがします・・・。
[PR]

by daisyduke | 2006-02-02 08:39 | 読書記録