<   2006年 05月 ( 26 )   > この月の画像一覧

至福の一時!

b0046462_20112434.jpg
先日「アメリカ北東部はまだまだ寒い」などという事を書いた直後に夏が来ました。日当たりの良すぎる我が家は、日中は冷房無しではいられないほど暑い!しかし諸事情によりまだ冷房が使えないのです・・・。

夕方になり風も出てきて丁度いい感じになったので、ビールと本を持ってポーチに座る。ふ~極楽極楽♪
[PR]

by daisyduke | 2006-05-31 20:15 | 日記

メイベリン: アイライナー

b0046462_21193579.jpg


Maybellineのアイライナー、Unstoppableです。クルクルと芯を出すタイプなのと、ウォータープルーフで滲まない!との謳い文句が気に入って。

このタイプにしては確かに滲まない方だけど・・・でも少し滲みました。残念!
[PR]

by daisyduke | 2006-05-30 21:25 | コスメ・美容

予約完了

b0046462_20124258.jpg



夏のバケーションの予定を立てました!ちょいと季節外れなので天候が心配ですが、まぁ何とかなると信じて。
b0046462_20122624.jpg


週に3日位は旦那さんと「あぁ~楽しみだね~~♪」と話しております。

バケーションは計画を立てたその瞬間から、楽しみが始まるのですよね。向こうでは何をしようか、何を着ていこうか、何を食べて飲もうか、本のセレクトは・・・(^^)
[PR]

by daisyduke | 2006-05-29 20:19 | 旅行

lippmann collection

b0046462_1933755.jpg働いているサロンで使うポリッシュの一つがlippmann collection、というブランド。このサロンに入って初めて知った名前だけど、アメリカのファッション雑誌などにちょくちょく出てくるのでそれなりに有名みたい。このブランドを立ち上げたDeborah Lippmannはたくさんの有名人を顧客に持ち、更には彼らとコラボしてカラーも作ってる。

写真はサラ・ジェシカ・パーカーと作った“SARAH SMILE”。うちの店で人気No.1の色(そして塗るのも最も難しい、と言われてる色)。薄~い透明感のあるピンクです。一度塗りだと殆どクリアに近いヌード色。これを手入れの行き届いた短めの爪に塗るとこの上なく上品でセクシーな手が出来上がる。こんなんが素敵だなぁ、と思うなんて私も変わったわ。
[PR]

by daisyduke | 2006-05-28 19:45 | ネイル

そろそろピクニック

最近は、日を追うごとに公園の木々の緑が濃くなっていくようです。今朝ベランダに出て、ピクニックに最適な木陰スポットがワンサカありそうよねぇ、と考えたらウキウキしてきました。本とワインとつまみと一緒にだらだらしたい。
b0046462_13121341.jpg

[PR]

by daisyduke | 2006-05-27 13:18 | 日記

HANGAWI: 韓国

b0046462_12561.jpg
マンハッタンの韓国街にある、肉と魚介類を一切使わない韓国レストランへ行きました。ベジタリアンの旦那さんは大喜びです♪

アボカドと何とかのサラダ。ドレッシングがかかり過ぎてるように見えますが、さっぱり淡白な味なのでさほど気になりません。
b0046462_126598.jpg

名前は全く覚えてませんが、まぁ韓国風餃子のようなもの。中身は野菜と豆腐だったような。
b0046462_1274592.jpg
スンドゥブとちぢみ。

この他にも5皿ほど頼みました。どれもこれもとっても美味しいんです。雰囲気もいいし、サービス精神旺盛だし、グループにベジタリアンがいる時はかなり使えそうなお店です。絶対また来たいと思います。しかし韓国料理はやっぱり肉と魚を使った方が美味しいかなぁ~
[PR]

by daisyduke | 2006-05-26 12:13 | 食べ歩き・飲み歩き

あぁ、夏は何処へ・・・

b0046462_123127.jpg

もうすぐ6月だって言うのに、ここアメリカ北東部はまだまだ肌寒い。もう春も終わって白ワインの美味しい初夏の季節!て気分なんだけど、外に出れば思わずジャケットの襟を合わせてしまいたくなるようなピューッと冷たい風が吹くし。早く外で冷えた白ワインを美味しく飲みたいわ。

珍しい(と思う)イスラエルワインを発見。結構スパイシーでございました。
[PR]

by daisyduke | 2006-05-25 12:09 | 日記

City at Peace

知り合いがCity at Peace、という団体で働いています。この組織のコンセプトは、未来を担えるような子供達を育てよう、子供達が抱えている問題を解決すべく助けてあげよう、子供達を助ける事によってコミュニティを良くしよう、などです。毎年Teenager(13~19歳)を集め、1年間色んな活動をするそう。その主な活動は演劇。まず今自分達が何で悩んでいるのかを話し合わせ、それを主題にした脚本をこれまた子供達に書かせるそう(もちろん大人も手伝います)。それからプロの監督の下、約8ヶ月間練習し、立派な舞台で公開となるわけです。

先日その知り合いがチケットをくれたので、NYの子供達が作り上げた舞台を見て来ました。題名は「R.I.P. Revolution in Progress」。テーマは彼らが今抱えている問題と直結しています。アル中の母親に常に虐待を受けてる子、レイプされた子、ギャングから脅されてる子、親の不仲に悩む子、ゲイだからと差別されてる子、人種を超えた恋愛・・・などなど多岐に渡っていました。そしてこれらの問題を解決できるのは自分たち自身なんだ。革命を起こさねば!みたいな内容でした。

演劇に関しては全く素人の子供達が作り上げたとは思えない、素晴らしい出来栄えで感激!!泣いてる人もたくさんいましたよ。
あまりにもすごいので、演技に興味がある子供達が集まるわけ?と聞いてみたら、そうではないらしいのです。あくまでも自分達の心の声を聞いて欲しい、という情熱を持っている子供達ばかりだとか。そこまで歳も離れてないのでこんな事をいうのも変でしょうが、彼らになら安心して未来を任せられると思いました。世の中もまだまだ捨てたもんではないですね。
b0046462_9334039.jpg

[PR]

by daisyduke | 2006-05-24 09:41 | アメリカ

最初の挫折

正直に言うと、“ネイリスト”という仕事を甘くみていた。とにかく謙虚に、を心掛けてはいたものの、「高がネイルだし、それに私は器用だし」という考えが頭の片隅にあったのも事実だと思う。

先週ポリッシュチェンジだけの客が来て私がついた。ホワイトパール系のポリッシュを綺麗に塗り終え次の客のサービスをしてると、さっきの客を他のスタッフがまたサービスしてるし!乾かないうちに触っちゃってやり直してるのかな、とも思ったけど嫌な予感が・・・。

手が空いてからすぐ訳を聞くと、ポリッシュが綺麗に塗れていない事に対し客が文句を言ったんだそう。やり直したスタッフは「客は2本の指だけ直してくれればいい、と言っていたけど私なら10本ともやり直して欲しいくらい酷い出来だったわよ。○○も出来てなかった。○○も酷いもんだし・・・」とかなり辛辣に細かく指摘。負けず嫌いの私は、遠慮無しに物言う彼女に対してちょっぴりムカついてしまった。しかし彼女の言う事は本当だし、それにこうして指摘してくれなければ上達しないんだし、と自分を宥めて客のいない時には苦手な色を塗る練習を始めたの。

それを見ていた他のスタッフ達がよって来て「何してるの?」と興味津々。私が赫々云々で・・・と説明すると、まるで皆今まで言いたい事を我慢していたかのように「ああしろこうしろ、これが悪いあれも悪い」と私に対しての意見がわんさか出てくる。

同じポリッシュを使い、同じ湿度気温の部屋でサービスをし、同じモデルを使っても全く出来が違うのだ。この道5年以上の彼らと同じように出来ないのは当たり前だけど、それでもプロと素人との差をまざまざと見せ付けられて軽くショックだった。

冒頭に書いたような勘違いをしていた事を心底恥ずかしく思うと同時に、就職してから2週間という短い時間でその愚かな自信が打ち砕かれたのはラッキーだと思う。私以外のスタッフは皆ベテラン。この環境に感謝して、彼らの技術をめい一杯吸収していかなければね。
[PR]

by daisyduke | 2006-05-22 23:09 | ネイル

ロクシタン: 石鹸

b0046462_21361245.jpg

あるお祝い事があって知り合いにプレゼントを探していたらいい物が見つかりました。L'OCCITANEの石鹸詰め合わせ。4種類(Verbena, Honey, Olive, Lavender)の香りが楽しめるし、黄色の缶も可愛い(^^)

ゲストが来たら、こういうちょいと素敵な石鹸を上質のリネンの上に乗せて「はい、どーぞ」と渡せるようになりたいもんです。
[PR]

by daisyduke | 2006-05-21 21:49 | コスメ・美容