<   2007年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

Sichuan Spring: 四川料理

b0046462_10385579.jpg
いつもの中華屋。何か違ったものを頼みたくて、Mung Bean Noodleサラダ、というものを注文。

・・・こんなのが出てきた。麺と言うにはさっぱりしすぎな、寒天状のものが出てきた。これにスパイシーなチリオイルがかかってる。不思議な一品。
b0046462_10392053.jpg
ジャンボ海老とナッツの炒め物。以前頼んだ時、ナッツの量が多すぎて後悔したはずなのに、そんな事はコロリと忘れてまた頼んでしまった。メニューで見る限り、おいしそうに感じるのよね。
b0046462_10394265.jpg

定番、麻婆豆腐(肉抜き)。これがまた美味しいんだ。いつか肉入りを頼んでやろう、と計画中。
[PR]

by daisyduke | 2007-07-31 10:31 | 食べ歩き・飲み歩き

ワインセラピースパ

マンハッタンで初めてのワインセラピースパがOpenしたとのことで、どんなもんかと試しにペディキュア行って来ました。葡萄のエキスに含まれてる何とかってのが肌に良いらしいですね。足を浸すバケツにも、ワインが入ってました。

ワイン効果はイマイチ分からなかったけど、全体的にかなり満足!受付のスタッフはフレンドリーでサービス精神旺盛だし、担当してくれたネイリストも礼儀正しく、そして実に丁寧にやってくれました(これってアメリカでは稀)。暇だったのもあるのかも知れないけど、60分コースだったのに15分オーバー。フレンチの技術も上手でしたよ。(ちなみにフレンチも同価格)

そして気に入ったのがこのリラクゼーションルーム。サービスの前と後、好きなだけ寛いでいいんだって。ワインセラピーらしく、ワインも赤・白用意されてたよ。
b0046462_1311966.jpg


ワインの他にもお茶やジュースやミネラルウォーター、フルーツにスナックが山盛り用意されていました。もちろん全部フリーね。こういうサービスってNYでは珍しくないけど、ペディキュアだけだとリラクゼーションルームは使用禁止、とかケチなことを言うSpaはかなりある。
b0046462_135326.jpg


あーーオシイ!と思うのがネイルサービスをする小部屋があまりにも小さい事。私が行った日
はたまたま私一人だったけど、何人もいたら落ち着けなさそう。

それからネイリストがあまり英語を喋れない。その葡萄のエキスがどういう風に良いわけ?と聞いても答えられなかったしね。

あとポリッシュの数が少ないです。
[PR]

by daisyduke | 2007-07-31 01:39 | ネイル

大打撃

私の働くサロンは高級サロン、の部類に入ると思う。金回りの良さそうな40~50代女性が主な顧客。金持ちになったと同時にひねくれたのか、元々そういう要素があったのかは分からないけど、ただ金とか地位があるという理由だけで、それこそ人を奴隷のように扱う客がかなりいる。最近彼らの相手をするのに疲れてきちゃった。今日も酷い目にあったの。

常連客のAが午後3時ごろ来まして。誰かとの待ち合せに遅れそうでイライラしてる彼女が
「急いでるから早くやってね。ほら、早く手を動かして!」と命令口調で指示してきたわけ。そんで私が「そんなに急いでるなら水無しのマニキュアやりましょうか?雑誌の撮影なんかではそういう方法を取るんですよ。かなりの時間短縮になりますよ」とお勧めしてみる。(もちろんその間も手は動かしてます)

そんな親切な私のアドバイスに対してビッチなAは・・・

「Don't talk. Just do it!!」

あり得ないでしょ、この言い方。こう言われても無言で手を動かす私・・・むかついたけど、それよりも自分で自分が情けなかったな。

こんなに惨めな思いまでしてやる価値のある仕事なのかな。。。
[PR]

by daisyduke | 2007-07-26 10:11 | ネイル

SOUEN: 和食(マクロビオティック)

ユニオンスクエアの近くにある、マクロビオティックの和食屋さん。特にマクロビオティックに興味があったわけでなく、「ベジタリアンの料理がたくさん揃ってる!」と嬉しそうに語る夫に連れて行かれた所がここだったのです。

マクロビオティック、ほとんど知識はないのだけれど言葉だけは聞いた事がある。確か玄米菜食を中心として、肉などの身体にストレスのかからない食べ物は避ける・・・という感じなのですよね?

私は白身魚の竜田揚げを頼みました。大根おろしが入ったあっさりしたタレにつけて食べる。さくさくホクホクで美味しかった!
b0046462_8571055.jpg
夫は豆腐コロッケ。どういう風に作ってあるのかは分からないけれど、中はトローリとろけて良い感じ。サッパリ系のトマトソースにつけて食べます。
b0046462_8585139.jpg

安くて美味しくてサービスも良し。ベジタリアンの夫を持つ私には貴重なお店(^^)
[PR]

by daisyduke | 2007-07-25 09:03 | 食べ歩き・飲み歩き

焼き鳥East

b0046462_7104117.jpg

ミッドタウンにある、焼き鳥中心の安い居酒屋さん。平日の夜でも大賑わいです。
b0046462_7144675.jpg

映画の前に軽く一杯+おつまみに何本か頼みました。
b0046462_7151919.jpg

どれもこれも普通かなー。値段相応なのでしょうね。
[PR]

by daisyduke | 2007-07-24 07:18 | 食べ歩き・飲み歩き

プエルトリコ

プエルトリコに行ってきました。時間も予算も限られているけれど、どこかでのんびりしたい!という欲求に駆られて。

時差はないし、直行便だし、国内旅行だし、すっごく便利です。朝出て午後には常夏のビーチで乾杯!みたいなことが可能なのだから人気なのも頷けます。近所に住む夫の親戚にもばったり出くわしちゃってもあまり驚かなかったわ。
b0046462_0492366.jpg

毎朝ミモサで乾杯♪観光は一切せず。思い出はビーチとご飯とお酒・・・ギャンブルもちょっと。これ以上のんびり出来ないだろう、というくらい寛いで来ました。頭がフニャフニャになった(^^;
b0046462_0592087.jpg


しかしもう気持ちを引き締めなければ。というのも近々引越したいんです。希望はマンハッタン・・・だけど良い物件が見つからなかったらその周辺で。マンハッタンの物件探しは随分大変みたいです。どうなることやら。。。
[PR]

by daisyduke | 2007-07-24 01:07 | 旅行

読書記録: 5月、6月

b0046462_9391919.jpg

GROTESQUE: 桐野夏生(著)~Rebecca Copeland(訳)
b0046462_9401154.jpg

マスターの教え: ジョン・マクドナルド(著)~山川紘矢、山川亜希子(訳)
b0046462_941790.jpg

働く女: 群ようこ(著)
b0046462_9415844.jpg

飢え: 群ようこ(著)
b0046462_9423044.jpg

またたび回覧板: 群ようこ(著)
b0046462_943314.jpg

二人の彼: 群ようこ(著)

********************************************
GROTESQUE、生まれて初めて読んだ英語の小説です。教科書などで小説は読んできましたが、娯楽としては初めてです。サロンの客と桐野夏生の話で盛り上がり、ほぼ強引に英語版「グロテスク」を貸して頂いたのです。最初は「マジで??すっごい分厚いんだけど・・・」と落ち込んでいましたが、大事な客の本をいつまでも借りっ放しでいるわけにもいかず、頑張って読みました。最初は苦痛だったのが、50ページ辺りを過ぎた頃からすいすい読めるようになってきた。1週間に1冊ペースで小説を読んでる私にとって、読み終わるのにめちゃくちゃ時間がかかったように感じたけれど何とか読みきった!

面白かったのかな。確かに引き込まれて一気に読むことが出来たけど、何度も読み返したくなるような内容ではなかったな。それよりも、これを機に英語の本も同時進行で読み続けていこう、という気になりました。これは私にとって大きな進歩!そろそろ英語の本も本格的に読み始めないとなぁ、と思っていたところなんです。そう考えるとこの客と出会えたのも何かの縁なのでしょう。

GROTESQUEの反動で、とにかくさっさと読めて面白い本が読みたくなった。群ようこさんのエッセイや短編小説を一気読みしました。彼女の本は絶対に売らず、本棚にキープすることにしています。あまり頭を使わず気楽に楽しめる本として貴重です。スラスラ読める、誰にでも書けそう・・・そういう文章を書くのが一番難しそう、と思います。

マスターの教え。交際期間は短くとも私のことをよく理解してくれてる友人から頂きました。読むに連れてどんどん頭がスッキリする感じ。そして心の底からフツフツとやる気が起こってくるような。すごい本です。具体的なことは何も書いてないんだけれど、私の夢は何でも叶う、どんなことでもやり遂げてみせる、というような気持ちにさせてくれた一冊。このおかげで最近の私の生活は人生で最高に、と言って良いほど充実しています♪
[PR]

by daisyduke | 2007-07-17 10:11 | 読書記録

Kamome Diner

NYで日本映画祭のようなものが開催され、リストの中に「かもめ食堂」を発見。趣味の合う友達や、センスがいいなと思っていたブロガーの方々が絶賛している映画だったので何日も前からすごく楽しみにしていました。

これ、素敵な映画ですね~。面白くて笑いどころ満載なのに、じーんと心に響くものがあったり。

b0046462_21202083.jpg

映画の後に監督とのQ&Aの時間が設けられていました。

荻上直子さん、て若いのですね!72年生まれ!私と同年代でこんな凄い映画を撮っているなんて尊敬です。飾らない格好と、観客の質問に一つずつ丁寧に答える姿がとても好感持てました。

「なぜわざわざフィンランドで?」という質問には、「前作の映画を撮った時、助監督から日本人特有のイジメを受けたので、3本目は絶対外国で、と決めていたのです。フィンランドは後からついてきて、とにかく日本では撮りたくなかった。」というお答え。正直で笑っちゃいました(^^) 次作の「めがね」も楽しみですね。
[PR]

by daisyduke | 2007-07-16 21:30 | 日記

Tre Dici: イタリアン

b0046462_1105244.jpg

チェルシーにあるイタリアンレストラン。ある土曜の夜のディナーを予約しなくてはならなくなり、直前になってネットサーフィンをし、何となく良いと思って選んだお店。自分が食べたいと思う店より、みんなが喜んでくれそうな店を探すのって難しいですよね。
b0046462_1163140.jpg

カプリサラダ。
b0046462_1165531.jpg

蛸の一本足が乗っかったサラダ。蛸の質(時期の問題かな)云々よりも、焼き方を工夫したらもっと良くなるような。
b0046462_1185627.jpg

ロブスターソースのパスタ。これは美味しい。
b0046462_1195448.jpgカプチーノの器が可愛かった。

まぁこれと言って特筆すべきことはないディナーでした。また行きたい?と聞かれるとどうかなぁ、て感じ。それなりに美味しいんだけどね。

相変わらず画像が暗くて粗くて読んでくださる方には申し訳ないです。ところが最近デジカメをアップグレード出来まして(^^) そのうち画像が急に綺麗になると思います♪
[PR]

by daisyduke | 2007-07-14 11:15 | 食べ歩き・飲み歩き

おじいちゃんと

b0046462_21134664.jpg夫のおばあちゃんから急に手紙が送られてきた。誕生日や祝日ならともかく、特にイベントもないのに手紙が送られてくるなんて一体何が入ってるのかしら?

・・・と思って開けてみると古めかしい写真が。今は亡きおじいちゃんと生後3ヶ月位の夫です。おばあちゃん直筆の添え書きには「昔の写真を整理していたら、素敵な写真を見つけました。二人とも随分楽しそうでしょう?確かあなた達の手元にこの写真はなかったように記憶してるので送ります」

写真も素敵だけど、こうしたおばあちゃんの心遣いはもっと素敵。一昔前までは、こういう風に焼き増しした写真を送るのが普通だったんだよね。写真も手紙もメールでやりとりするようになって便利は便利だけど、たまには私も手紙を書いてみようと思ったわ。
[PR]

by daisyduke | 2007-07-05 21:23 | 日記